けものフレンズBBS > 関係者
| 全部 | 最新 | | スレ覧

PRIDE社長自殺事件(2003年)――けものフレンズプロジェクトの軌跡(コアメンバーAGN加藤英治編)

1 : 名無しのフレンズ 2019/04/15 06:03 ID:g2f/9n/B
【注意事項】誹謗中傷は厳禁です。あくまでけものフレンズプロジェクトのコアメンバー『age global networks (AGN)』社長の加藤英治氏の軌跡を辿るスレです。

2003年1月9日、格闘技ブーム巻き起こる日本で、1人の重要人物が謎の死を遂げた。人気イベント『PRIDE』を主催する会社社長の森下直人氏だ。対立する人物が多い中での死。警察発表の“自殺”は予想通りの波紋を呼んだ。

総合格闘技ブームが日本を席巻していた2003年1月、ブームを牽引する人気イベント『PRIDE』を主催するAGN加藤英治の元所属会社『ドリームステージエンターテインメント(DSE)』社長の森下直人氏が、西新宿のホテルの客室で死亡しているのが発見された。“総合格闘技界のビル・ゲイツ”の異名をとった若手社長の、早過ぎる42歳での死だった。翌日、警察は「事件性はなく自殺」と発表。DSE側も死因について会見し、「不倫女性の間での別れ話の縺れから森下社長が自殺を図った」「激情型だから突発的に…」と語った。だが、記者たちの中には首を捻る者も少なくなかった。遺書が残されておらず、森下社長が死去の数時間前、記者会見でPRIDEの展望を長時間に亘って熱弁していたばかりだったからだ。また、交際女性の詳細な事情聴取も完了していない段階で、「自殺はあくまでプライベートな要因」とDSE側が強調したことも、疑念に拍車をかけた。極めつけは、死の一報を聞いたアントニオ猪木の発言だった。「自殺? 誰かに殺されたんじゃないか」――。様々な憶測が業界内外で囁かれた。格闘技興行に何らかの形で裏社会が関わっていることは公然の秘密だが、ビジネス畑出身の森下社長は、不透明に消える多額のカネを改善しようと動いていたこと。死の直前の会見でも経営のクリーン化を語っていたが、それによって裏社会とのパイプ役を務めていたとされる“PRIDEの怪人”と呼ばれた作家の百瀬博教氏と対立していたこと。はっきりしていることは、森下社長の変死後、裏社会がPRIDEに直接影響力を及ぼすようになったことだ。そして2005年、週刊誌がPRIDEと暴力団の繋がりを指摘したことにより、『フジテレビ』は中継の打ち切りを決定。一気に経営が傾き、2007年に事実上消滅した。百瀬氏も2008年、自宅マンション風呂場の湯船につかったまま死亡。2015年末、PRIDEは『RIZIN』と名前を変え、9年ぶりの復活を果たしたが、往年の勢いは既になく、不振に喘いでいる。
2 : 名無しのフレンズ 2019/04/15 08:23 ID:Y/lIH886
PRIDEもハッスルも一時期話題になったなあ格闘技ファン以外にも
| 全部 | 最新 | | スレ覧
sage


画像投稿 削除要請
imgur画像アップ方法
中央の灰色のボタンをタップ→画像選択でアップロード
トップページ